歌舞伎町ビル火災から20年~あの惨事を繰り返さないために~


階段や廊下に荷物を放置していませんか?!

新宿歌舞伎町ビル火災は、平成13年9月1日午前1時頃発生し、44名もの尊い命が犠牲となった火災です。
多くの方が犠牲となった主な原因として、屋内階段に大量の物件が放置されていたことが挙げられます。
これらの物件が避難の障害となり、さらに多量の煙を発生させ、上階への延焼拡大につながりました。
階段や廊下に荷物を放置するのは消防法令違反です。
今一度、建物の防火安全対策ができているか確認しましょう。

新宿消防署の取組みについてはコチラ

令和四年(2022年)歌舞伎町商店街振興組合新年の集いを開催しました。


例年であれば組合員、関係各行政機関、近隣商店街振興組合の各理事長、事業者などあわせて約200名近くが集まり、新年を迎える歓談を行うのですが、コロナ禍ということで人数を制限し、約60名の参加での開催となりました。
主催者である歌舞伎町商店街振興組合の杉山元茂理事長は、会冒頭の挨拶で「この1年、街の創始者であります鈴木喜兵衛氏が唱えました、日本一の"道義的繁華街"を目指すという志を引き継ぎまして、当組合も、街づくりの基盤を固める1年でありたいと思っております。どうぞ、改めまして、ご理解ご協力、さらなるご支援をよろしくお願いいたします。」と述べたあと、長年歌舞伎町の"村長"として街づくりに寄与してきた前理事長である片桐基次氏への花束贈呈が行われました。
2023年春に竣工を目指す東急歌舞伎町タワーの概要および開発の進捗状況の報告(株式会社東急 新宿プロジェクト企画開発室長 木村知郎氏)、JFL昇格を達成し、都心初の地域密着型サッカーチームを目指すクリアソン新宿(株式会社CRIACAO 代表取締役 丸山和大氏)のプレゼンが行われました。
予想通り、冬のこの時期に第6波となるであろう、新型コロナウイルス・オミクロン株の急激な蔓延がはじまりつつあるようです。あるいは軽症無症状ゆえに観測できてないだけで、すでに十分広がっている可能性もあるかもしれません。
思うところは各自それぞれあろうかとは思いますが、これがコロナ禍終わりのはじまりとなることを願って、この苦難を乗り切っていきたいですね。

本年もよろしくお願いいたします。

動画アーカイブ
  • 2021年12月17日(金) 大石吉彦警視総監が歌舞伎町を巡視 - 年末年始特別警戒
  • 2021年11月20日(土)「歌舞伎超祭」開催- コロナ禍初の歌舞伎町商店街振興組合主催シネシティ広場パフォーマンスイベント
  • 令和3年11月1日 第16回新宿区役所通りイルミネーション点灯式より
  • 歌舞伎町公式アーカイブ/国立感染症研究所 感染症疫学センター 第二室長 砂川富正氏(新宿区新型コロナウイルス感染症対策アドバイザー)講演
歌舞伎町のニュース
トピック




歌舞伎町のボランティア活動
注意喚起