2019/12/20 the Superintendent general of the Metropolitan Police made an inspection of KABUKICHO


2019/12/20 the Superintendent general of the Metropolitan Police made an inspection of KABUKICHO

三浦正充警視総監は新宿署にて状況報告を受けたあと、17時10分ごろに歌舞伎町に到着、歌舞伎町交番勤務員を激励、17時20分ごろ交番を出発、上條隆利新宿警察署長の案内で、歌舞伎町商店街振興組合、歌舞伎町2丁目町会、新宿防犯協会ら地元のボランティアとともに警察官を合わせて約70名が、15分ほどかけ、歌舞伎町でも最も来街者でに賑わうシネシティ広場から劇場通り一番街、ゴジラロード付近の巡視を行いました。

巡視後、三浦警視総監コメント:
「年末年始特別警戒中のところ、本日、一斉警戒を発令し、日本を代表する繁華街である新宿・歌舞伎町の交番勤務員を激励し、地域の防犯ボランティア団体等の皆様と、管内を巡視しました。
年末年始は、特有の慌ただしさ等を背景にして、金融機関、コンビニエンスストアを狙った強盗やひたくりなどの犯罪のほか、重大交通事故の発生が懸念されます。
警視庁では、官民連携による、防犯活動をすすめるとともに、制服警察官やパトカーによる見せる警戒活動を行うなど、街頭警察活動を強化し、各種犯罪の抑止および検挙につとめ、首都東京の安全、安心の確保に全力を尽くしてまいります。」

毎年"恒例"と言ってはなんですが、歌舞伎町の年末の"風物詩"とも言える警視総監の歌舞伎町視察です。こうした制服警察官による"見える"警察活動が、繁華街の来街者に一定の緊張感が伝わればいいかと思います。
歌舞伎町では客引きの苦情が多く、とくに2020東京オリンピック・パラリンピックを控え、増加する外国人観光客らの被害が懸念されます。新宿警察署は防犯モニターで現場を監視、違法な客引き等を発見したらスピーカーで警告する取り組みも始めました。
警視庁は、とくに犯罪の増加傾向のある年末・年始対策として、この日、三浦警視総監を長とする特別警戒本部を設置、年明けの1月3日にかけ、のべ16万6千人の警察官を動員するとのことです。

Topic




Volunteer activity of Kabukicho

WATCH OUT FOR STREET-HAWKERS

Many foreign tourists have recently come to the police for victim reports.
These visitors were approached by street callers in the KABUKICHO area, taken to a bar or drinking location that non-Japanese citizens run, and then served very strong liquor.
As a result,before they had realized it, their money or credit cards had gone.
DON'T GET VICTIMIZED. We'd like you to be fully aware of such malicious street callers or drinking places.

SHINJUKU POLICE STATION
Tel 03(3346)0110


There are a lot of scam prices in Kabukicho.
Please be careful especially when you enter a place you’re not familiar with, or when you go from shop to shop.
Never follow puller-ins. It’s illegal.
Disturbing the peace goes against the Entertainment and Amusement Trades Control Act.
Published by Kabukicho Concierge Committee